一目惚れの効用
2014年01月19日

diary-2

突然ですが、あなたは何かを決断する時、
物事を入念にリサーチするタイプですか?
それとも直感を大事にするタイプですか?

僕はどちらかと言えば後者です。
正しく言えば直感を信じるようになった。
どちらがいいわるいなんて決められるものでは
もちろんないですが。

何故、直感を信じるようになったか?
それは走るようになったからだと思います。
走ることって自分自身がやった分だけ
きっちり跳ね返ってきます。
要するに自分の身体に染み込ませないと
長い距離は走られない。ほんとに。
そういう身体との対話のような繰り返しのなかで、
理屈ではなくて、自分の身体や気持をもっと信頼したいと
何か意識改革が起こったように
直感で物事を決めていいんだと強く感じたわけです。
別にスピリチュアルな話ではなくて
強い実感としてそう思います。

それから何事も最終的に直感で決めています。
仕事も買い物も旅行も、投票だって直感です。
それで案外いいんじゃないか、と勝手に思っています。
自分のことをもっと信用してもいいんじゃないか?と。

振り返ってみると、僕の場合プレゼンなんかも
ガチガチに理論で制作するとまず駄目な事が多いです。
それよりも、ほころびは多いけどこれがいい!というものが
気に入られたりするから不思議です。
単純な好き嫌いじゃなく、動物的な本能のようなものって
結構馬鹿に出来ない気がします。

考えてみれば、ツマと付き合い結婚したのも
僕の一方的な直感でした。
それで上手く行ったのかって?

…それは言わぬが花でしょう。