A stopped clock works again.
2017年06月24日



細野晴臣さんの新譜が発売になるということで
いままでの作品や著作をまとめて振り返っています。
僕にとって細野晴臣という人は尊敬する大人であり目標であり
あるいはメンターといっていい存在です。

昨年の港町ツアーで見たときは痩せて体調が悪そうだったので
とても心配だったのですが(自身でもそういっていた)
今回の新譜とツアーの発表は本当にうれしい。
また元気な姿を見たいです。



細野さんはハンバートハンバートの新曲(すばらしいです)でも
長岡亮介のギターとともに
素晴らしいベースプレイをしています。
ハンバートハンバートの二人も僕の憧れです。
こちらの新譜、ライブも今から楽しみです。



わけのわからない、どうしようもない時代に
気持ちの整理がつかないままに時間が過ぎていくときに
僕にとって彼らの存在は希望以外のなにものでもないです。

  • 先日、神戸KIITOで開催されている「ロバート・フランク展」へ行ってきました。 ロバート・フランクといえば、 写真が好きな方なら、まず「Th ... [続きを読む]
  • 今年はギターを真剣に再練習しようと思い たくさんライブに行ってきました。 ということで、上半期に行ったライブをメモ。 2/1 ハンバートハン ... [続きを読む]
  • 先日、大阪国立国際美術館で行われている「バベルの塔」展へ行ってきました。 ブリューゲルの作品はもちろんのこと、その時代(16世紀ネーデルラン ... [続きを読む]
  • 先日、神戸 iiba galleryで行われた 「濱田英明 写真展 / ONE DAY」へ行ってきました。 彼が犬と飼い主の写真を撮り続けて ... [続きを読む]
  • 先日、大阪ナレッジキャピタルで開催された 「世界を変えたレコード展」へ行ってきました。 これはレコード好きならみんな知ってるであろう PMC ... [続きを読む]