Strange things will be standards someday.
2015年10月11日

magritte1

先日、京都で開催されている「マグリット展」へ行ってきました。
そろそろ紅葉も始まるので、できるだけ人混みを避けて
平日にバスにも乗らず、四条からトコトコ歩いて行ってきました。
会場は思ったほど人もいなくてすいすいと見ることができました。
(どれだけ人混みがイヤなんだ、俺)

黒い帽子を被って出かけたので意図せずマグリットの絵画モチーフとして
よく出てくる人物のコスプレみたいになってしまって
会場のスタッフにツッコミを入れられるところでした。
(どれだけ人と拘わりたくないんだ、俺)

説明するまでもなく、マグリットは所謂シュルレアリスムの画家ですが
その影響はポップアートからグラフィックアート、音楽、小説の世界まで広く及んでいます。

今こうやって回顧展としてずらっと見てみると、
当時はアヴァンギャルドで異彩を放っていただろう作品たちが
ポップだしわかりやすいし少し物足りない気がしました。
それだけ当時衝撃的だとされていたものが
今では普遍的なものとして受け入れられている証拠でしょう。
当時は衝撃的だったビートルズの楽曲が、今ではロックの金字塔であるように。
残念なことに僕は当時のことを想像するしかないのですが。

しかしなにより僕にとって衝撃的だったのは
中学生の時に教科書に載っていたマグリットの絵を切り取って
下敷きに挟んでいるくらい好きだった、という
一緒に行ったツマの告白でした。
(どれだけマグリットが好きだったんだ、君)