WE PROPOSE A DESIGN FOR THE LIFESTYLE
THAT REPRESENTS THEIR OWN VALUES.
Rallye co,. ltd. / 2021 Newyear Card
2022年06月30日

「TENDRE」「LUCKY TAPES」といったアーティストを擁するラリーレーベルや
セレクトショップ「rallye」「margot」を運営する
株式会社ラリーの年賀状を制作。
イラストレーションは小幡彩貴が担当。

rallye & margot / 2020-21 AW DM
2022年06月30日

金沢のセレクトショップ「rallye」「margot」の2020-21年度 / 秋冬シーズンDMを制作。
イラストレーションは小幡彩貴が担当。

rallye & margot / 2020 SS DM
2022年06月30日

金沢のセレクトショップ「rallye」「margot」の2020年度 / 春夏シーズンDMを制作。
イラストレーションは小幡彩貴が担当。

RESPECT
2022年06月26日

先日、大阪中央公会堂で行われた細野晴臣さんのライブに行ってきました。
ライブは、ゆりあんレトリバァ、石橋瑛子+ジムオルーク、くくく(角銅真美+原田郁子)
というメンバーも加えられて行われました。
 
ライブが行われた大阪中央公会堂は、
東京駅の設計も手がけた「辰野金吾」が設計していて
歴史的にも素晴らしい建築なのですが、そこで行われたライブは、
とても幻想的で、いうまでもなく貴重な時間でした。
 
細野さんは、ラジオや映画「さよならアメリカ」で
「以前のようにブギウギやライブは、もうできないかもしれないな」と
おっしゃっていたので、ファンとしては寂しかったのですが、
今回、3年ぶりにライブを再開してくれて本当に嬉しかった。
会場にいた人は、みんな同じ気持ちだったのではないでしょうか。

細野さんのライブは、クラシックギターでの弾き語りに加えて
くくくのメンバーと演奏をしたり、途中ゲストにお孫さん(!)のYUTA君も
太鼓で参加したりと、終始リラックスしたムードでニコニコとしてしまうものでした。
 
選曲はカバー曲と「HoSoNoVa」からの曲が多くて、
特に「悲しみのラッキースター」が本人の弾き語りで聴けたのはうれしかったなあ〜。
最後のアンコールでは「ろっかまいべいびい」をステージ一人で弾き語りしてくれて
ほんとうにしびれました。最高でした。
 
あと、お孫さんのYUTA君が「ぼくの伯父さん」のTシャツを着ていたこと、
舞台袖にはけるときに、細野さんの十八番「火星歩行」をしたことに、
「リスペクト」を感じられて、ほっこりしてしまいました(笑)

AROUND 50’s
2022年06月19日

最近、図書館でツマが借りてきた「ただいま見直し中」という本を読んだのですが、
これが「わかるわー!」と膝を打ちまくるエッセイ集でした。
 
簡単に紹介すると、もうすぐ50代になる筆者が
暮らしの中での変化(生活、仕事、身体、子育てなど)を
見直していくという、いわゆる「暮らし本」になると思いますが、
まったく同じような境遇にいる自分としても
「みんな同じようなことを考えているんだなあ」と
少し安心する部分もあったりしました。
 
僕も来年には50歳、最後の40代を過ごしているのですが、
ここ数年はコロナに始まり、さまざまな生活の変化もあって
どうしてもいろいろなことを見直していかなくては
いけない時期になっているのかな、と実感しています。
 
最近特に感じているのは、今まで着ていた服が
似合わなくなってきたなあ。。ということですね。
ホント、過渡期という感じで日々あがいています(苦笑)
 
写真は、最近購入したtoconomaのオリジナルグッズのTシャツとタオル。
tocomonaのギタリスト、石橋光太郎さんはグラフィックデザイナーでもあるので
CDなどのアートワークはもちろん、グッズデザインも手がけていて
どれもかっこいいんですよね〜。

SELF CARE DAY
2022年06月05日

先日、Kenta DedachiくんのYoutubeで、
「SELF CARE DAY」と銘打って(?)海でギターを弾きながら
歌を歌っている動画を見ました。
 
もちろん見ている僕も癒されたのですが、
それよりも「SELF CARE DAY」という言葉の響きがいいなあ、と。
「自分を癒す日」というと、僕には少しハードルが高いというか、
なにかベクトルが違って見える感じがあるのですが、
「SELF CARE DAY」と言われると、なぜかスッと心に入ってきました。
 
考えてみると、僕はあまり「SELF CARE」という気持ちで
休日を過ごしたりはしてこなかったのですが、
コロナ禍が続く毎日で、だんだんと「SELF CARE」が
必要になってきたなあ〜と実感する日々です。
 
今一番、SELF CAREとしてやってみたいことは「バイク」ですね。
といっても原付(スーパーカブ)なんですけど。
一時期乗っていたのですが、盗まれてしまって(泣)
今になってまた乗りたいなあ〜と。
マスクもしなくていいし、いろんなところにも行けるし。
 
そうそう、スーパーカブといえば同名のアニメ(ラノベ)もあるんですが、
登場人物の女子高生の一人が「アレックス・モールトン」という自転車を
通学用自転車として乗っていて。コレ、軽く100万以上するミニベロなんですよね。。。
アニメとはいえ、流石に「あるわけねーだろっ!」で叫びました(苦笑)
 
写真は、先日地元(福井)に帰省してお墓参りした時の風景。
田植えが済んで緑がとても綺麗でした〜。

Marking
2022年05月29日

久々の更新です。
振り返ってみるとコロナが始まった頃からブログ更新が止まっていました。
コロナが見つかった頃には「すぐに落ち着くだろう」と思っていましたが、
もう2年を過ぎているんですよね。。
 
正直なところ、当時は自分の事業形態には影響はほとんどないし
逆に人付き合いが苦手で趣味もインドアな自分には
逆に好都合だよなあ〜とお気楽で無責任?なことを考えていて
最初の頃は、言葉はよくないですが状況を「満喫」していました。
 
ですが、半年も経ってくると自分の生活リズムが狂ってきて、
一年の流れの中で区切りがないと言うのはこんなにもきついのかと
本当に身に染みて感じました。
 
これまでは、我が家では季節の行事やお祭り、旅行など
それぞれの季節や時期にやっていたのですが、
規制が続いて全くできなくなってしまった。
そのことが生活の中でいかに重要で大切であったかに
気付かされました。多くの人が、きっと同じような感想だと思います。
 
今はようやく感染者も少なくなり、影響も小さくなりつつあるので
遠出をしたり、ライブに行ったり、フェスに参加したりして、
心の澱のようなものを、少しづつ出しているような状況です。
 
考えてみると、僕らはこういった日々の行事を通じて
毎日を思い出としてマーキングすることで
なんとか日々を過ごしているのかもしれません。
 
====
 
写真は先日、万博記念公園で行われたフェス「アウトドアパーク」で観た
Kenta Dedachiくん。インディーでリリースされたアルバムや新曲も最高だったけど
アコギ一本でのライブは、瑞々しくて希望に溢れていて、眩しかった!

WORKSをアップしました。
2020年07月04日


 
 
WORKSに「長くつきあえるモノやコト」をテーマに、ファッションや音楽などを紹介する「DAYLIGHT Web Magazine」のサイト制作をいたしました。タブレット、スマートフォンにも対応したレスポンシブデザインで構築しております。ぜひご覧ください。

DAYLIGHT Web Magazine >>>

TENDRE OFFICIAL WEBSITE
2020年05月02日

サンダーキャットやFKJなどとも比較されるジャパニーズネオソウルシーンを代表するマルチプレイヤー河原太朗のソロプロジェクト「TENDRE」のオフィシャルサイトを製作。タブレット、スマートフォンにも対応したレスポンシブデザインで構築。

TENDRE OFFICIAL WEBSITE >>>